読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旱に雨が降りました

面白味のない日常です

久しぶりにスコーンを焼いた

『焼き菓子・振り返り』

f:id:hideame:20151207035751j:plain

このスコーン、はてな内でパクられ過ぎて困ったスコーン。

ただ、配合は完璧なものを出してないので

どんなに真似しても同じものは出来ない。

 

パクるってか、レシピは出したので真似ても良いんですよ。

けど、一言断ってくれれば良かったのに…と、残念。

 

特に私が教えたのは成形の仕方であって、配合はこれに+αがある。

それは企業秘密だから当時は教えられないよね。

 

全粒粉のスコーンが好きで焼いている事が多くて

焼いている時の香りも、一般の小麦とは全く違う。

この全粒粉のスコーンは、クロデットクリームとも相性はいいけど

ただシンプルにメープルと一緒に食べた方が格段だと云う事。

 

特に前のblogをしていた頃は、スコーンの問い合わせが多かった。

「あなた、店でもするのですか?」って思ってたけど

おうちで美味しい焼き上がりのスコーンは食べたくなるんだね。

 

 

 

 

f:id:hideame:20151207041252j:plain

今、それほど焼いてはいないけどスコーンは進化している。

そこら辺のクックパッドとかレシピブログで出ているようなものではなく

コンビニや大手企業からも作り方を参考にさせて欲しいと依頼が来る始末。

そりゃそうだわ、100%真っ直ぐ焼けるスコーンなんて無いもの。

 

それに甘いスコーンだけではなく、もっと惣菜系のスコーンが増えた。

 

 

 

f:id:hideame:20151207041854j:plain

これは確か紅茶のスコーンで、アールグレイと二種類のleaf使う。

香りだけではなく紅茶らしさを前面に出したスコーン。

 

f:id:hideame:20151207044700j:plain

紅茶のスコーンもこれが皿に載ると、それなりに見えるから不思議。

 

 

 

 

 

f:id:hideame:20151207042315j:plain

本来の全粒粉のスコーンは、自然光で撮るとこのように綺麗に写る。

上の全粒粉のスコーンは卵黄だけを塗ったもので、こちらは全卵。

 

 

 

 

 

f:id:hideame:20151207042625j:plain

これがプレーン。

これ根強い人気なので、クロデットと合わせると良い組み合わせに。

 

 

 

 

f:id:hideame:20151207043024j:plain

これがプレーン生地にカレンズを合わせたもの。

coffeeよりも紅茶の方が向いているスコーンだね。

 

 

 

 

 

f:id:hideame:20151207043215j:plain

クランベリーオレンジピールのスコーン。

これは香りを十分に楽しんでもらうためのスコーン。

 

 

 

 

 

f:id:hideame:20151207043354j:plain

これは小振りだけど、ほうじ茶のスコーン。

日本茶でもスコーンは出来るので、発想を豊かにした方が良い。

特にほうじ茶は香りが芳ばしいので魅力的な一品。

 

 

 

 

 

f:id:hideame:20151207043552j:plain

これも敢えて作り方は出さなかったチェダースコーン。

二番目に人気が高くて男性から絶賛されている商品。

陳列すると50個焼いても30分で完売してしまうスコーンだよ。

 

 

 

 

 

f:id:hideame:20151207044434j:plain

フライドオニオンとベーコンのスコーン。

これ、段々と人気が出てきて今や問い合わせが一番あるスコーン。

惣菜系だから、coffeeとの相性も良いし唯一バターを少量使う。

 

 

 

f:id:hideame:20151207094730j:plain

と、まあ・・・

思い出と振り返りって事ですね。

 

大風呂敷